2017.05.14 全国レベル
【本日の業務】
・スポかごNEWS、メルマガ発行
・家族のサポート
・招待野球取材、原稿
・読書


170514-11横浜・万波2ラン_030
 「五月晴れ」とはこういう日のことをいうのだろうと思える絶好のコンディションの中で3試合ありました。
 鹿児島勢は土曜日に続いて全敗。6校すべて勝利は得られませんでしたが、この大会の一番の目的である夏に向けて収穫と課題を得るという意味では、各校とも大いにあったことと思います。個人的には、「野球太郎」という雑誌から夏の大会の鹿児島の注目選手と展望を頼まれているので、そのチェックができて良かったです。それ以上に、土曜日と同じく、横浜、浦和学院の力強さを目の当たりにして、全国レベルの野球を肌で感じられたのが一番の収穫でした。
 何より、横浜・万波君の2打席連続弾は野球の外連味の極致といえるでしょう。1本目は滞空時間の長い放物線、2打席目はあっという間に左中間スタンド場外に消えるライナー。プロ野球ではつい最近、日ハムのレアードが4打席連続弾を放ちましたが、質の違う2本のホームランを続けて見られる機会もそうそうあるものではありません。このほか浦和学院の山本君、横浜の齊藤君と1日で4本のホームランを拝むことができた楽しい時間でした。
 投手では横浜の3年生右腕・塩原君、1年生ながらU15日本代表経験のある及川君、浦和学院の2年生左腕・佐野君が目を引きました。いずれも身体の使い方がしっかりできていて、動きに躍動感があり、勢いと切れのある質の良いボールを投げていました。
 全国で勝とうと思うなら、このクラスの選手がいるチームに勝つことを想定しないといけません。元々の素材の良さや育ってきた環境の違い、関東や関西などの野球どころには、逆立ちしても叶わないものがあるのも事実でしょうが、やり方はいろいろあると思います。こういったチーム、選手を目の当たりにして「とてもかなわない」と匙を投げるか、それとも学ぶべきことを学びつつ「これを超えるものを作ってやる」と高い志を立てるのか、心構えの在り様で変わってくるものがあると思います。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://jtsukasa.blog.fc2.com/tb.php/1478-3cf83e02