2017.02.23 運営会議にて
【本日の業務】
・コアトレ、ストレッチ
・家族のサポート
・スポかごNEWS発行
・SCC運営会議
・家族のサポート
・記念額作成
・原稿


 月に1度、SCCの運営委員会に参加しています。会員の立場からの意見を率直に述べています。日頃は一メンバーとして自分の練習に取り組んでいるだけですが、この会議に出ていると、広い視点でSCCというクラブのことが理解できるので勉強になります。
 きょうの議題の中で、陸上競技場が改修に入って使えなくなって、補助競技場を使用していますが、場所によっては長距離と短距離の選手が接触しそうになって危ないということが議題になりました。そこから派生し、クラブAもCもお互いが同じSCCのメンバーであるという認識がなかなか希薄なのではないかという意見も出ました。
 僕も長くこのクラブにいますが、発足当初、まだ規模が小さかった頃は、小学生、中学生、高校生、一般とカテゴリーに分けるのではなく、縦のつながりがあることがSCCの大きな特徴でした。しかしこれだけ規模が大きくなると、なかなかそういう感覚が持ちづらくなってきたのも事実です。
 僕が理想として意見したのは、「接触を避けるために、お互い周りを見る広い視野を持つよう心掛けること」と「ときにはファイト!と声を掛けるような関係になれないか」ということでした。現実にそういうことが自然にできるようになるのはいろいろと難しいかもしれませんが、決して不可能なことではありません。僕もこのクラブに長くいて、このクラブを良くしたいと思う1人なのでできることをやってみようと思いました。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://jtsukasa.blog.fc2.com/tb.php/1412-0dc18256