【本日の業務】
・スポかごNEWS発行
・家族のサポート
・Wリーグ取材、原稿


170220WJBL01_030
 Wリーグは日本の女子バスケットのトップリーグです。昨年のリオ五輪でベスト8に進出した試合を覚えている人も多いでしょう。全日本でも主将だった吉田、アメリカでも活躍する渡嘉敷ら全日本クラスの豪華メンバーをそろえるJXなど、プレーオフに進出した8チームのうち4チームが鹿児島に来て、セミファイナル進出に向けて熱戦を繰り広げました。
 Wリーグの試合をライブで見たのは今回が僕も初めてでした。JXは吉田、渡嘉敷、間宮と日本代表でもスタメン入りする3人がスタートで、格の違いを感じました。高さ、パワー、スピード、あらゆる面が他のチームより抜きんでており、何より選手同士の呼吸がぴったり合って、攻撃でも守備でも圧倒的な強さを感じました。相手の羽田も大差はつきましたが、サイズの小さいチームが大きな相手にどう戦うか、参考になる試合をしていたと思います。見には行けませんでしたが、シャンソンと富士通の最終戦も、観戦に行ったバスケット関係者が「ぜひいろんな人に見てもらいたい試合だった」と評するほど、素晴らしい試合だったそうです。
 神村学園出身のJX山崎マネジャーには鹿児島の小中高校生に向けたメッセージを話してもらいました。「スポかごNEWS」でぜひご確認ください!
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://jtsukasa.blog.fc2.com/tb.php/1408-23406b9b