【本日の業務】
・手帳、日記
・スポかごNEWS発行
・家族のサポート
・原稿
・十三会例会


170212鹿教員ク01
 レブナイズの「生みの親」ともいうべき、鹿教員クが2月4、5日にあった九州クラブ選手権で5位になり、全日本選手権の出場権を手にしたということで、その活動や再び全国を目指すことになったいきさつも含めて記事にしました。
 プロとは別に高い志を持った若者が鹿児島でバスケットを続ける環境を作りたかったという古田さんの言葉に共感しました。「教員クラブ」となっていますが、教員だけでなく専門学校生や元レノヴァの選手も参加しています。2度、練習を見に行きました。職場もバラバラで、出水、鹿屋、志布志など遠くから通ってくる選手もいますが、限られた時間の中でやれることを精一杯やって、全国を目指そうという熱気を感じました。
 バスケットに限らず、またプロ、アマチュアに限らず、これからの鹿児島のスポーツ界は「真剣に頑張る大人」をどれだけ作っていけるかが大事になってくると確信しました。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://jtsukasa.blog.fc2.com/tb.php/1402-31824061