【本日の業務】
・日記
・スポかごNEWS発行
・家族のサポート
・女子駅伝取材、原稿


170129女子駅伝01_030
 数日前の予報では土日は晴れで、気温も上がるとのことだったので、暢気に構えていましたが、天気は朝から雨。出かける前に外に出てみると、温かくもなく寒いぐらいだったので、きちんと防寒をしてから隼人まで出かけました。結果的にはこれで正解でした。
 予想外の雨や寒さの中のレースでしたが、序盤から上位が目まぐるしく入れ替わるハイレベルなレースでした。そんな中、3区・区間新記録を出した肝属の中学生・原田さんの走りが印象的でした。都道府県駅伝でも7、8人を抜いたダイナミックな走りにスケールの大きさを感じました。
 大島は7位。上位争いには絡めませんでしたが、持てる力を発揮して昨年より1つ順位を上げ、目標の「Bクラス死守」は達成できました。上位5チームがかなり前を走っていて、後ろから追い上げられるのを気にしなければならない展開でしたが、全員は前を見て最後まで走り切りました。
 大会最年長、親子出場を果たした野竹さんの走りには「勇気をもらった」と話す選手が多かったです。5位がゴールしてしばらく間が空いて、アンカーの平島さんが川薩と6位争いをしながら競技場に入ってきたときは、会場が大いに沸きました。
 観戦、取材は何かと大変な今大会でしたが、今年も地域のエネルギーと早春の息吹を満喫できました。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://jtsukasa.blog.fc2.com/tb.php/1387-8517bd52