【きのうの業務】
・家族のサポート
・鹿児島U定例会見取材、原稿
・十三会総会


170113德重代表_030
 新たなシーズン、Jリーグ2年目に向けての概要、意気込みが德重代表から語られました。昨年から大きく変わるような目新しいことはありませんが、昨年ようやく鹿児島に芽生えた「Jの芽」を確かに根付かせて成長させる土台作りのシーズンになりそうです。
 チームとしてJ2自動昇格となる2位以内を目指すことはもちろんですが、昨年不交付となったJ2ライセンス獲得のためにはスタジアムの整備が欠かせません。今季は鴨池のメーンスタンドが改修工事のため使用できず、バックスタンドと両サイドの芝生席を使用するかたちになります。今季はサッカーをしている子供たちにより多く観戦してもらうために土曜日夕方の開催を予定しているそうですが、バックスタンドには屋根がなく西日がもろに当たるなどホームゲームのホスピタリティとしては不利な条件も多いです。だからこそ、知恵と汗を絞り、より多くの観客を楽しませ、この楽しみをもっと充実させるためにも新しいスタジアムが必要という空気を作っていく必要があります。
 初の試みとなるU18の英国遠征も興味深い企画です。明治維新150年と絡んで、薩摩と英国の歴史を見直すきっかけにもなるでしょう。徳之島町がふるさと納税の返礼品に鹿児島Uのグッズを加えたというのも心強い話題です。こういった取り組みが県内のいろんな市町村に広がることを期待します。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://jtsukasa.blog.fc2.com/tb.php/1373-9890db4d