【本日の業務】
・手帳、帳簿、日記
・スポかごNEWS発行
・家族のサポート
・駅伝観戦
・レブナイズ原稿
・記念額作成


161225純大クリスマスプレゼント!
 息子にとっては初めてのクリスマス。おりこうにしてたから、サンタさんがプレゼント持ってきてくれました!

161225駅伝03_030
 午前中から午後にかけて、息子と2人でお留守番をしながら、都大路を走る神村学園と鹿児島実を応援していました。
 昨年、連続出場が途切れた神村は今年、優勝候補にも挙げられる力をつけて都大路に帰ってきました。3位は立派な成績ですが、優勝を逃した悔しさの方が強かったというところにこのチームの底力を感じました。
 アンカーで留学生のカマウ選手の走りは見事でしたが、個人的には3区で8人抜きをした荒武さんの頑張りに拍手を送りたいです。県総体3000mで3位入賞し、家族思いのコメントをしたのが印象に残っていましたが、南九州は故障か何かでレースに出られませんでした。テレビの映像ではそれ以上に追い上げてきた西脇工がクローズアップされていましたが、その悔しさをレースにぶつけたであろう荒武さんに拍手を送っていました。入賞には届きませんでしたが、1区から順位を落とさず12位と健闘した鹿実の走りも見事でした。

 駅伝中継を見ながら、FBでレブナイズの経過をチェックすると、前半を35-20と15点差をつけてリードしています。せめて今年の締めくくりぐらいは白星でと期待は膨らみますが、先週14点差を逆転された苦い経験があり、まだまだ気がゆるめませんでした。
 案の定、後半途中経過を見ると、ジリジリ点差が縮まってきています。残り1分40秒ぐらいで4点差になっていたので、意を決し試合が終わるまで結果を見ないことにしました。
 一通り用事を片付けて、満を持して結果を開くと3点差で勝利! 思わず「やった!」と声が出ました。内容は相変わらず課題だらけですが、何はともあれ白星が増えたことは良いクリスマスプレゼントになりました。来年はこれまでのうっ憤を晴らす活躍をして欲しいものです。

20160411141025d6f.jpg
 久々に高校野球に関するコラムを書きました。
 昨年はベストゲーム5番を挙げるというユニークな企画でしたが、今年は年間振り返ってのコラムを書いてほしいとのこと。何をおいても夏決勝の樟南VS鹿実、延長15回引き分け再試合が一番に挙がってきます。続いて神村学園、れいめいといった今年の話題校を挙げ、川内、志布志、加治木、武岡台など県立進学校の健闘にも触れました。
 そこはある程度、高校野球を見ていた人なら分かる話ですが、個人的には最後に触れた「野球ミーティング」の開催、県議会でも取り上げられた「離島の児童生徒の遠征費補助」の話題が最も強調したいところでした。
 「野球ミーティング」は小さな話題かもしれませんが、鹿児島の小学校から社会人まで野球関係者が一堂に会して野球界の未来を話し合った点で画期的だったと思います。華やかな結果を追うこと以上にこういった底辺拡大に向けた地道な取り組みの重要性を痛感した出来事でした。
 それにも関連することですが、12月県議会で「遠征費補助」が取り上げられ、17年度導入に向けて何かできないか前向きに検討したいという三反園知事のコメントがあったことを、奄美新聞の牧記者が書いた「現場から」で知りました。今年の夏、雨で試合が延びまくる中、遠征費がかさむ離島勢の現状に接し、もうそろそろ主催者側で抜本的な対策が必要ではないかと、奄美新聞の「現場から」で書きました。ちょうど県知事選の頃であり、三反園新知事が「人の投資」の大切さを説いていたことを引き合いにして、雨で試合を待っている間、「県として何か対策は立てられないか」と離島の指導者の方たちと雑談したのを思い出します。いろいろとハードルはあるかもしれませんがぜひ実現して欲しいものです。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://jtsukasa.blog.fc2.com/tb.php/1360-2f3948e8