【本日の業務】
・家族のサポート
・署名提出取材、原稿
・SCC
・あまみFM出演


161216スタジアム署名02_030
 「鹿児島に新スタジアムを!」ということで、鹿児島Uのサポーターらが中心になって集めた署名を鹿児島市の森市長と三反園知事に提出するというので、取材しました。
 その数、何と73863人! その中には僕が書いた僕と嫁さんと息子の名前もあります。森市長は「私の選挙の得票数より多い」と驚いていました(※実際の得票数は101,417票なので得票数よりは少ないですが…)。選挙の公約にも「スタジアム整備」を掲げていた森市長は協力にかなり前向きな印象でした。このところ原発政策やドーム球場建設など政治姿勢の迷走ぶりが気になる三反園知事も「重く受け止めたい。思いは私も同じ」と前向きな発言をしていました。
 署名を集めるにあたっては県内はもとより、県外のサッカーファンの協力もありがたかったといいます。約1カ月で3万ほど集まり、伸び悩んでいた頃、同じ九州のVファーレン長崎のサポーターから手紙と署名が届けられ、勇気づけられたそうです。Jリーグができて23年、このようなかたちで地域を超えた「サッカーファミリー」の絆があるところにサッカー文化の力強い前進を感じました。
 約7万4人人の「民意」の重みを、特に三反園知事には感じて欲しいです。優先すべきはドーム球場なのか、フットボール専用スタジアムなのかは明白でしょう。この署名の提出に鹿児島Uやサッカー協会、同じフットボールのラグビー協会が同席したのは分かりますが、県陸上協会の会長も同席した意義も大きいです。一サッカーチームやフットボールだけの問題ではなく、鹿児島のスポーツ界全体にとっても必要な整備であり、再三再四僕自身も訴えているように、単なる「ハコモノ」ではなく、地域のシンボル、地域振興の拠点になるようなスタジアムを整備することを強く望んでいます。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://jtsukasa.blog.fc2.com/tb.php/1350-0411a13b