【本日の業務】
・スポかごNEWS発行
・日記
・家族のサポート
・野球取材、原稿
・レブナイズ取材、原稿


161002-9鹿屋中央2点目_035
 夏の樟南と鹿実の決勝戦が鹿児島の球児に何か火をつけたのでしょうか。鹿屋中央VS種子島、神村学園VS大島と白熱した延長戦が続き、とうとう神村VS鹿屋中央は夏の決勝と同じく延長15回で決着がつかず、再試合となりました。この仕事を始めて昨年までの17年間で引き分け再試合は00年か、01年の夏に出水中央VS出水商であって、このときは翌日、姶良球場で再試合になりました。あとは7、8年前のNHK旗で樟南VS出水商の試合が15回で決着がつかず、再試合ではなく抽選になったのが記憶にあるぐらいです。この1年間で夏と秋、2度も続けて同じことが起こるとは!
 立ち上がり、3回までは両者とも得点はエラーで、走塁ミスなどもあり、強豪らしからぬ荒れた試合になりそうな雰囲気でしたが、両左腕が尻上がりに調子を上げ、徐々に引き締まった好ゲームになりました。あすの再試合がどうなるか、全く読めませんが、このような緊張感のあるゲームを体験することは両チームに計り知れないものをもたらすような気がします。「大会を通じて成長する」といいますが、まさにこんな試合が該当するのでしょう。大会前、この代は昨年の今の時期に比べて特別目立つ選手がいなかったので、どうなるかと思っていましたが、個の力はなくてもチームとしてまとまった力のあるところが勝ち上がっており、今後の期待を持たせてくれています。あす以降の試合が楽しみになってきました。

161002レブナイズ10_035
 試合内容については記事に書いた通りです。土曜日よりも立ち上がりはチームバスケットができていて見ごたえがありました。それだけに後半、ミスをきっかけにそれが失われてしまって逆転負けを喫したのは悔しい限りです。
 個人的なことを言えば、本来ならきのうは野球を1試合しっかり観戦し、2試合目の途中でバスケットに行くと考えていましたが、延長15回になって大いにプランが狂いました。最初は試合開始1時間前には県体育館に移動して、お昼を会場の屋台で済ませようと思ったのですが、野球の観戦&取材が押して、会場に着いたのが試合開始5分前ぐらいでした。
 昼食をとろうか迷いましたが、結局食べずに観戦。後半に入って流れが悪くなるころから僕の中のエネルギーも切れてしまって、勝利への念が送れなかったように思いました。
 その日一日を納得いくもので終わらせようと思ったら、食事などのリズムを大切にすることの大事さを痛感します。前々から感じていましたが、無理して昼食を抜いたりすると、結局思うような結果が得られなくて、気持ちの悪さが残ることがありました。きのうちゃんと昼食をとっていればレブナイズが勝ったかどうか保証はできませんが、結果いかんにかかわらず自分の中では納得して仕事ができたと思います。土曜日はきょう以上にハードだった中でそれができていただけに、自分の中に大いに反省が残りました。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://jtsukasa.blog.fc2.com/tb.php/1300-beb95494