2016.07.23 準決勝2試合
【本日の業務】
・日記
・コアトレ、ストレッチ、素振り
・スポかごNEWS発行
・家族のサポート
・野球取材、原稿


160723-13_035
 第1試合の鹿実VS志布志戦。鹿実が第1シード、志布志がノーシードから勝ち上がった県立、スタンドがオレンジ…何となく5年前の鹿実VS薩摩中央を思い出させるシチュエーションに、何か起こるのか、それとも順当に結果が出るのか、密かに着目していましたが、さすが鹿実は5年前の轍を踏むことはありませんでした。
 特にそのことも意識していなかったようです。万全の準備をして、自分たちに与えられた役割をきっちりこなすことに徹していました。4番・綿屋君に今大会初アーチが出たことで、チームが乗りました。今季、鹿実は4番・綿屋以外の打順が流動的で相手に合わせるスタイルをとっていましたが、ここへきて追立、佐々木の右の1、2番コンビ、中村、綿屋、板越で左の中軸トリオという打順が固定されてきました。志布志は7安打と毎回打ちましたが、得点につなげるもうひと工夫が足りませんでした。

160723-37_035
 第2試合の川内VS樟南戦は今年の好勝負NO1候補に間違いなく挙がってくると思います。
 樟南が先制した時点で一気に勝ち切るかと思われましたが、川内はエース帖佐君を中心に食らいつきます。7回のワンチャンスをものにして同点に追いつきました。9回に樟南が2点勝ち越した時点で、樟南の勝ちは決まったかと思いましたが、その裏、6番・假屋原君の2ランで再び振り出しに戻しました。延長に入ってサヨナラ勝ちのある川内が俄然押せ押せムードでしたが、樟南が粘り強く守り、最後は13回に2点を勝ち越して3時間21分の死闘を制しました。
 今大会無失点の樟南投手陣から3点を奪った川内の攻めが見事でした。また最後は力尽きましたが、6試合目を迎えて疲労も限界を超えていながら最後まで投げ抜いた帖佐君は今大会NO1の「持っている男」だったと思います。
 そしてその川内に勝った樟南の底力が何より見事でした。記事でも触れましたが昨秋の九州大会準々決勝の日南学園戦で、勝って甲子園をつかみそうな直前で逆転負けした悔しさをバネに成長した姿を見たような気がしました。

 98回目の夏の頂上決戦は鹿実VS樟南となりました。県内最強の鉾(攻撃力)を誇る鹿実と、県内最強の盾(守備力)を持つ樟南、好対照なチーム同士の激突です。今年の県ナンバーワンを決めるにふさわしい両チームが勝ち上がったといえるでしょう。
 樟南はきょう192球投げた浜屋君の疲労が気がかりです。あすは思い切って畠中君の先発もあるのではないかと考えたりもします。鹿実はここへきて打線の馬力が上がってきました。鹿実が一気に打ち込んでV2、春夏甲子園を勝ち取るのか、樟南が接戦に持ち込んで3年ぶりの栄冠を勝ち取るのか、展開はあらゆるパターンが考えられます。プレーボールは午後1時5分。楽しみです。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://jtsukasa.blog.fc2.com/tb.php/1255-b27d1539