2012.04.17 良い季節
【本日の業務】
・早朝セミナー
・事務作業
・原稿執筆
・野球トレーニング
・甲突川RC


 アサイチは月2回の早朝セミナー。この1週間、生活習慣が緩んだ身にとっては、目標設定の大切さ、日常生活を積み上げる大切さを再確認し、刺激をもらえる貴重な時間です。おかげできょう一日は充実した時間を過ごすことができました。

 午前中は一通り、日記や手帳、帳簿など事務作業に、奄美新聞から頼まれていた春の大会の写真特集をまとめました。きょうメーンで取り組んだのは先週の金曜日に取材した連載記事の原稿。11時過ぎから書き始め、途中昼食の休憩をはさんで、15時ごろには書き上げることができました。一息入れてから、しばし中断していた単行本原稿をチェック。予定では3月中に原稿を仕上げるつもりだったのに、第2部まで書き上げてから進行が大幅に遅れています。何とか4月中には仕上げたいところです。

 夕方は母校の野球部に練習へ。今まで母校は5月の試験まで新入生の入部が認められていませんでしたが、今は仮入部ということで、練習参加が認められるようになりました。マネジャー希望の女の子2人が、どちらもマスターズでもお世話になっている先輩の娘さんということに衝撃を受けました。もうそんな年代の子が高校生になったのかという感慨と、まだ自分には子供どころか嫁さんもいない情けなさの両方を痛感したところです。甲鶴戦が近いこともあり、3月終わりぐらいから、応援団が野太い声で練習しています。それに加えてきょうは吹奏楽部の子たちが、バックネットのすぐ裏で応援練習をしていました。今の時期だけしか味わえない風物詩です。練習とはいえ、応援されている中で、打撃投手をしていると、気分が高揚するのを感じます。

 練習が終わったら甲突川ランニングクラブの練習。先週まで3週間の間はお花見シーズンであることを考慮して、ウオーターフロントに移動していましたが、久々に「ホームグラウンド」の甲突川に戻りました。もうほとんどが葉桜になって、地面にところどころ落ちている花びらがわずかに桜の名残をとどめている程度でしたが、1組だけ「お花見」のバーベキューをしている酔狂な若者グループを見かけました。
 先日のラジオ生放送で宣言したように、今週末は4年ぶりの県記録会五千㍍に出場しますが、春の高校野球が始まってこの1カ月ほどは、何やかんやで練習が十分にできていません。せっかくフォーム改造のヒントをつかんで、良い感じになりつつあったのも、感覚が吹っ飛んでしまって、竹内コーチに「また走りが小さくなっていますよ」と指摘される始末でした。ただ途中で100mの流しを走った時の感覚は悪くなかったので、何とかあと数日で元通りになれるかどうか、調整したいと思います。

 なんだかんだで夕方5時前から8時半ごろまで、正味3時間ほど身体を動かしたわけですが、季節が良いせいか、変な疲労感がありません。寒くもなく、暑くもなく、こんなに運動するのに最適な季節は他にないでしょう。もう1カ月もすれば、暑さやそれに加えて近年は桜島の降灰とも格闘しなければいけなくなります。それまではこの良い季節を存分に満喫したいと思います。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://jtsukasa.blog.fc2.com/tb.php/124-76c48741