【きのうの業務】
・手帳、帳簿、日記
・スポかごNEWS発行、スクラップ
・家族のサポート
・自転車
・大学野球取材、原稿
・買い物


160517-1工大サヨナラ打_035
 前々から行こうと思いながらなかなか見に行けなかった大学野球を久しぶりに観戦できました。今年から春の神宮大会の出場枠が九州1チームだったのが2チームに増え、熊本、宮崎、鹿児島、沖縄の4県から1チーム出場できるようになりました。鹿児島からは50年近く神宮に出ていないので、鹿児島代表の第一工大には頑張ってほしいです。
 4チーム総当たりのリーグ戦の初戦、息詰まる投手戦でしたが、最後のワンチャンスをものにしてサヨナラ勝ちでした。レベルが高く、僕が日常見ている高校野球よりも一段深いところで野球を追及していることを感じました。
 「しびれるような試合でしたね」。試合後監督さんに第一声をかけると「そんなことはなかったです」と冷静な受け答え。試合の流れや相手投手の出来などを冷静に見極めながら、緻密に選手起用や作戦を考えていました。相手投手の出来が予想以上に良くて打ちあぐねたけれども、投手を中心に守備を固め、ワンチャンスをしぶとくものにする作戦に徹し、最後のワンチャンスをものにして勝利しました。
 ここ数年、第一工大から毎年プロ野球選手を輩出していますが、監督さんは日ごろから「プロや社会人で通用する選手を育てる」という視点で選手を鍛えています。神宮の出場枠が増えたからといって、レベルの低い野球をして全国で通用しなかったら意味がないとも考えています。野球に対する志は高く、洞察は深い、レベルの高い意識で取り組んでいることが実感できました。こういう野球をぜひ多くの人に見て欲しいと思いました。きょうとあす、県立球場でリーグ戦があります。ぜひ球場に足を運んでほしいです。

160517バレーの応援00
160517バレーの応援01
 夕方は嫁さんの実家で優勝。女子バレーボールの日韓戦をテレビで見ました。元Vリーガーの嫁さんは現役時代、このクラスの選手たちと普通に競っていたんだなと思うと感慨深いものがありました。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://jtsukasa.blog.fc2.com/tb.php/1198-7f5d7289