【本日の業務】
・手帳、帳簿、日記
・スポかごNEWS発行、スクラップ
・家族のサポート
・十三会事務作業
・レブナイズ後援会会合


 熊本を中心とする地震発生から1週間が経ちました。春の高校野球があったことが何だか遠い昔のような気がします。
 今朝の新聞にも出ていましたが、熊本は夏の甲子園予選もメーンとなる藤崎台球場が震災で被害を受けたので他県の会場での開催も検討されているとか。6月には陸上のインターハイ最終予選の南九州予選が宮崎であります。「陸マガ」からの依頼があれば僕が取材することになると思います。熊本の選手たちのことが気になります。今は生活をどうしていくかが精一杯で野球や陸上、スポーツのことなどとても考えていられない選手も多いと思います。何か力になれることを考えたいです。

160421抱っこ紐
 午前中は、久しぶりに息子と2人でお留守番。眠っているときや、起きていても機嫌が良い時は問題ありませんが、ひとたび火がついて泣き出すと、一大事です。
 先週の金曜日、3カ月検診ではかったら身長67.7センチ、体重は9キロだったそうです。標準を大きく上回る成長ぶりはうれしいかぎりですが、その分、響く場所が大きいので泣き声も大きいです。少し前までなら、泣き出してもミルクをあげれば泣き止んでいましたが、今はミルクをあげても受け付けようとしません。3月下旬から野球が始まり、ほぼ100%嫁さんと日々の行動を共にして、おっぱいだけを飲んでいるので、ミルクを受け付けなくなっているのかもしれません。
 僕にできる「最終兵器」が通用しないとなると、あとは抱いてあやしながら途方に暮れるしかありません。30分ほど時間が経ち、もう一度ミルクにチャレンジすると、今度はちゃんと飲んで落ち着いてくれたので助かりました。最初はソファーだったのをダイニングの椅子に場所を変え、ゆりかごのようにゆすりながら飲ませたのが良かったのかもしれません。そこからは嫁さんが帰ってくるまでずっとおとなしくしてくれたのでホッとしました。
 最初は抱っこ紐を使おうとしたのですが、息子を抱えたまま装着する要領が分からなくて断念しました。後で嫁さんにコツを教わりました。これがあると、泣いたときにあやすのも身体の負担が小さくて済みそうです。まだ体力がないので抱っこだけですが、そのうち体力がついてくればおんぶもしようと思います。
 成長したらしたで知恵がつき、その分、新たな課題も増えてきます。子供が成長する分、親も成長しないといけない。「育児は育自」。原点を再認識しました。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://jtsukasa.blog.fc2.com/tb.php/1172-4a570ffa