【本日の業務】
・手帳、帳簿、日記
・スポかごNEWS発行、スクラップ
・家族のサポート
・野球取材、原稿


160401-23加治木勝利_035
 新年度最初の高校野球。大島―加治木戦は「奄美新聞」の記者としては残念な結果ですが、「高校野球ドットコム」のライターとしては書き応えのある試合でした。自分の中で2つの顔を使い分けるというのは、結構労力が要りますが、面白い作業でもあります。
 7回、大島が押せ押せムードでセーフティーバントが決まった時、「これで大島が乗れる!」と奄美新聞記者として喜ぶ。三塁手が一塁は無理と素早く切り替えて、二塁送球し、オーバーランした二走がタッチアウトになってがっくりくる一方で、「ドットコム」ライターとしてそれができた三塁手に拍手を送る。そんなことを試合中心の中で繰り返していたような気がします。あのプレーは日ごろのノックでも徹底して練習していたプレーで「当たり前のことが当たり前にできた」と主将は話していました。
 チャレンジャーの気持ちで無心で挑んだ加治木にまず拍手。敗れた大島は、力は持っていても受け身になってしまった弱さを見つめつつ、それでも挽回できるだけの底力をつけて夏に頑張ってほしいです。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://jtsukasa.blog.fc2.com/tb.php/1152-98936a14