【本日の業務】
・手帳、帳簿、日記
・コアトレ、ストレッチ
・スポかごNEWS発行
・家族のサポート
・野球取材、原稿
・自転車


160328-25鶴丸7点目_035
 これまで9日間、いろんな試合を観戦していて、今大会は勝った方の「勝因」以上に、敗れた方の「敗因」に目がいくことが多いです。特に四死球やエラーが「敗因」になる試合を多く見ている気がします。
 例えば鶴丸―指宿商戦は、鶴丸が7-0でコールド勝ちでしたが、選手個々の力に点差ほどの差があったとは思えません。次やっても同じ結果になる保証はどこにもありません。逆のパターンでやられることも十分に考えられる展開でした。
 この試合を分けたポイントを1つ挙げるとすれば、3回に鶴丸がスクイズで先制し、バックホームの送球が大きくそれて、2点目を献上し、さらに3点目につなげてしまったことで鶴丸に大きな流れがきました。一方、鶴丸は初回に四球で走者をためるシーンがあったり、攻撃でバント失敗や走塁ミスがありましたが、後をしっかりカバーして勝ちへの流れを作りました。その差が7点の点差だったと思います。
 言い古されたことでしょうが、「練習」は「ミス」をどれだけなくし「精度」をどれだけ高めていくかが、大きな柱の一つだと思います。特大アーチを打つことや、140キロの速球を投げる能力は誰でも簡単に身に着けられるものではないでしょうが、ミスをなくすためにできることは誰にでもある。敗れた試合の中には、次もっとうまくなるためのヒントがたくさん隠れています。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://jtsukasa.blog.fc2.com/tb.php/1148-984f65ad