【本日の業務】
・手帳、帳簿、日記
・コアトレ、ストレッチ
・スポかごNEWS発行、スクラップ
・家族のサポート
・野球取材、原稿


160325じゅんたとくぅーたろー
 短い時間でしたが、嫁さんと息子が野球観戦に来てくれました。息子にとっては初めての野球観戦なので、母校の試合を選びました。
 序盤からチャンスを作るもなかなか得点できず、相手の気持ちの入った守りを崩せません。エラーがらみの死球押し出しで先制点と、負けパターンの展開でしたが、終盤のワンチャンスをものにして逆転勝ちでした。ちょうど逆転タイムリーのところまで息子たちは見ていました。これでレノヴァ戦から数えて3連勝! なかなかの「勝ち運」を持っているようです(親バカ)。

 「甲子園には行ってないの?」
 球場で観戦しているとよく聞かれます。そういう風に思われているというのはありがたいものです。
 「甲子園を伝えるメディアはほかにもあるけど、鹿児島大会を詳しく伝えるのが僕の仕事です」
 以前はそう答えるようにしていましたが、もっと気の利いた返しはないものかと考えて
 「スポンサーになってください!」
 そんな言葉が出てきました。言ってみてなかなか意味深な発言だと自分で思いました。僕が本業でやっている「スポーツかごしま新聞社」は個人事業ですが、何らかのかたちで法人化することはずっと前から考えていました。いろいろ考えて「一般社団法人」が一番現実的かなと考えています。
 「鹿児島のスポーツを盛り上げ、スポーツで鹿児島を盛り上げる」メディア活動をする。これは鹿児島新報がなくなって以来、僕が掲げている変わらない理念です。この法人をどう運営するか。この趣旨に賛同する人や企業の協賛を募る。協賛してくださった方にはメールで日々の「スポかごNEWS」の更新情報を届けたり、定期的に活動報告のレターを届ける。いずれは理念に共感する人を雇い、スポーツを中心に文章や写真で表現したいと考えている人を育てる。そんな活動を頭に描いています。
 多くの人の賛意を集め、経済的にも力をつければ甲子園取材もできるようになるでしょう。そんなことを、初めて聞かれた人に話しました。話しながら自分の頭の中の構想を整理してみました。僕も40代。日々に追われることばかりでなく、そろそろ先のことも考えた行動をしていきたいものです。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://jtsukasa.blog.fc2.com/tb.php/1145-3fff8a06