2016.02.09 歌のチカラ
【本日の業務】
・手帳、帳簿、日記
・コアトレ、ストレッチ
・スクラップ、スポかごNEWS発行
・家族のサポート
・中学バスケット取材、原稿
・県庁資料受け取り


160209中学バスケ26_035

 中学新人バスケの取材で蒲生まで車を走らせている途中、後輩・ゆっきーがMCをしているFMかごしまの「朝カフェ」を聴いていました。
 アニバーサリーのリクエストでMANISHの「煌く時に捕らわれて」がかかりました。アニメ「スラムダンク」のエンディングにも使われた曲です。聞いていて実にいい曲だと思いました。
 「煌く時に とらわれ 夢中でいたい 後悔する 素敵じゃない ひとりじゃないし あふれ出す 涙が 美しければ 人はまだ終わらぬ旅に 時を費やせるから」
 バスケットの会場に向かっているから余計に心に響くものがあったのか、本当に涙が出てしまいました。リクエストのメッセージも、保育園の頃からの仲良し3人組の2人の誕生日がきょうで、高校の頃バスケをしていてよく聞いていた曲だったとか。ありがちだけど純粋に「良いなぁ~」と思えるエピソードに心温まるものを感じて「きょうはきっといいことがありそうだ」と思って会場に向かいました。

 ところがどっこい、会場に着くなり、腕章とペンを忘れていたことに気付いてへこみ、更にはバスケット取材に常用する広角レンズも忘れていることにショック大でした。このところ、出かける瞬間から「何か忘れている」直感はあるのに、「何を忘れている」か気づかないことがよくあります。日曜日にレノヴァの試合に行った時も、必要なものは全部持って出たと確認したはずなのに、何か忘れている消えずにいたら、案の定、いつも試合で着ているユニホームを忘れていました。
 このぐらいなら大勢に影響はないのですが、記者の「7つ道具」のうち3つも忘れるのは珍しいです。すっかりテンションが下がってしまいましたが、取りに帰るには微妙に時間がかかるし、気持ちを切り替えて、持っている道具で仕事を頑張りました。

 れいめいの初優勝、清水の4年ぶりの優勝、緑丘や出水の頑張り、何より朝日の16年ぶり4強入りを取材できました。朝日は船の時間があるため、一足先に表彰式。なかなか粋な演出でした。「たくさんバスケットをしている仲間がいる中で、この4つに残れたことは素晴らしいことなんだよ」。閉会式の吉川先生の言葉も素敵でした。

 帰宅した夜、いつものように息子が泣き止まないので、ふと今朝の出来事を思い出して「煌く時に」を子守歌代わりに歌ってみました。心なしか息子も落ち着いた感じがします。興が乗って、自分の好きな長渕剛や宇宙戦艦ヤマトの挿入歌など思いつくままに歌ってみました。僕も気持ち良かったし、息子も泣き止んで眠ってくれました。歌のチカラは偉大だと実感しました。
 ところが布団に寝かせると、数分もしないうちに再び元の木阿弥。結局嫁さんのおっぱいという「リーサルウエポン」にはかなわないということで納得しました!(笑)
 なんだかんだで良い日だという予感は間違ってなかったようです。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://jtsukasa.blog.fc2.com/tb.php/1100-664043b9