【本日の業務】
・手帳、帳簿、日記
・コアトレ、ストレッチ
・十三会事務作業
・恵ちゃん&純大のサポート
・センバツ決定取材、原稿


160129撮る人は撮られる人
 きょうで純大が生まれて1カ月。お宮参りを予定してたけど、雨が激しいので延期にしました。
 次いつにするのか、僕とお互いの親と、神社とその後の食事の場所と、あれこれ日程を調整するのに戸惑い、何度も電話をかけなおしました。最初は2月3日にするつもりでしたが、その日は節分で厄除けのお払いが朝からずっと入っていて対処できないとろのこと。最終的には2日の日にまとめてするということになりました。

160129鹿実センバツ09_035
 高校野球取材がものすごーく久しぶりだったような不思議な気がしました。
 あいにくの雨に加えて、この日が学校の入学試験と重なっていたために、あまり大騒ぎができない中で、選考委員会からの「朗報」を校舎内にある校長室ではなく、外にある理事長室で待ちました。12年の神村学園から始まって、13年の尚志館、14、15年の神村と毎年、この決定の瞬間に立ち会っています。大勢の報道陣と固唾をのんで電話が入るのを待つ時間というのは独特の緊張感があってなんともいえないものがあります。
 無事出場が決まり、セレモニーは体育館地下の剣道場でありました。冬季トレーニングで身体も出来上がり、力をつけている様子がうかがえました。鹿実がセンバツで優勝したのは20年前の96年。このときは学校創立80周年の締めくくりで、正月のサッカー部に続くアベック全国制覇でした。夏の甲子園の時も書きましたが、鹿実はこんな節目の時にめっぽう強さを発揮します。創立100周年の締めくくりとなるセンバツはどんな戦いをみせるのか、注目したいところです。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://jtsukasa.blog.fc2.com/tb.php/1089-01580afc