【本日の業務】
・手帳、帳簿、日記
・スクラップ、スポかごNEWS発行
・コアトレ、ストレッチ
・自転車
・一年生大会取材、原稿
・レノヴァ練習見学


 2015年の高校野球を締めくくる一戦は、鹿児島実と神村学園の顔合わせでした。どちらも準決勝まで圧倒的な強さで勝ち上がってきており、一年生らしからぬハイレベルな試合を期待しました。
 予想に反して、結果は鹿実の一方的な展開になりました。神村は幸先良く先制したのは良かったのですが、制球難にエラーが重なり、序盤の大量失点が響いて、攻守に精彩を欠きました。対する鹿実は初回に5点取って主導権を奪い返してからは、攻守ががっちりとかみ合い、夏、秋、そして一年生大会と夏以降の主要な県大会を制して、これ以上ない1年の締めくくりができました。
 鹿実も神村も、個々の力はそれほど差はなかったと思います。ただ個々の力を「野球にする力」がきょうの試合では鹿実の方が勝っていました。長打はありませんが、送りバント、スクイズをきっちり決め、7犠打を記録しました。二回以降は今大会初先発の左腕エースが、直球、スライダーにカーブを入れたことで緩急のバラエティーを増やし、相手に的を絞らせませんでした。
 ここ数年、なかなか思うように結果が残せなかった鹿実ですが、ひとつ結果を出すと、自信をつけてぐっと勢いを盛り返します。そこら辺も長年培われた潜在力のなせるわざなのでしょう。

 ちなみに姶良球場までの往復は自転車を使いました。行きは10号線を走って、来年3月の鹿児島マラソンの下見。いつも車で通いなれた道ですが、自転車で走ると感覚は違います。向かい風がきつかったです。交通量も多いので、走行には細心の注意が必要で景色を楽しみ余裕はありませんでした。
 復路は蒲生の山越えを選択。2月にHCDでライドしたコースの序盤を逆走するかたちになりました。傾斜はそこまできつくありませんが長い上り坂が続いて、重い荷物を背負った身にはきつかったです。帰宅する1キロ手前でチェーンが外れるアクシデント。それでも自分であれこれ工夫して治すことはできました。そろそろ自転車のメンテも必要です。最高到達目標の450キロ達成に向けて、良い距離を稼ぐことができました。

 夕方は嫁さんとその友人のゆみこちんと3人でレノヴァの公開練習を見学。仕事ではなく、楽しみで練習を見るというのもいいものです。その後は、常盤の家で夕食。日曜日に続いて、家族団らんを満喫できて幸せな気持ちで床に就くことができました。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://jtsukasa.blog.fc2.com/tb.php/1023-5b3def6b