FC2ブログ
2019.01.27
【本日の業務】
・・・・・・
スポンサーサイト



【きのうの業務】
・手帳、帳簿、日記
・朝のルーティーン
・スポかごNEWS、メルマガ発行
・家族のサポート
・協賛会員の営業
・ランニング
・新人サッカー取材
・女子駅伝取材、原稿
・レブナイズ取材、原稿


190126レブナイズ01
 きのうは一体「寒い!」を何回連呼したことでしょう? 午前中は高校サッカー、午後は地区対抗女子駅伝の開会式、夜はレブナイズ、終日外にいて精力的に仕事してました。これまで外にいても手袋がいらないような暖かい日が多かったので、きのうは余計に寒さがこたえました。あまりの風の強さにサッカーでカメラを構えていて、気を抜くと倒されそうになり、移動で高速を走っているとハンドルを取られそうになりました。合間にFBを開くと、多くの友人が大坂なおみ選手の全豪Vの快挙をたたえており、世間の関心がそこに集まっていることを知りました。

 このところサッカーは鹿児島U一辺倒でなかなか高校サッカーを見に行けませんでしたが、久々にじっくり観戦できました。風向きでこうもサッカーが変わるものかと驚きました。後半怒涛の3ゴールで鹿児島城西が優勝。風向きの影響がなかったとはいえませんが、それ以上に自分たちのメンタリティーをどう持って修正し引き上げていくかが、勝敗を分けたような気がします。

 中山で新人サッカー、隼人で女子駅伝の開会式はここ数年続く、この時期の「恒例行事」になっています。毎年書いていますが、「地域に密着するスポーツ」ということを一番実感させてくれるのが女子駅伝です。奄美新聞で大島チームにポイントを絞って取り上げることで、この駅伝の良さ、面白さがより深く分かるようになりました。

 開会式で各チームの監督やスタッフが壇上でチーム紹介をする時間帯があります。なかなか選手が集まらなくて苦労している地区があったり、今年で最後という選手のために頑張りたいという意気込みがあったり、それぞれの地区にいろんな特徴やチームに対する想いがあるのを聞ける貴重な時間帯です。こういう活動が草の根の地域スポーツを支えていることを実感しました。この大会は常に大島チームの応援がメーンですが、心の中では全地区、全選手の頑張りを応援しています!

 締めくくりは再び市内に戻ってレブナイズのホームゲーム。立ち上がり、リードを許す苦しい展開でしたが、粘り強く逆転し勝ち切ることができました。

 エースとブラック、両外国籍選手が29点、24点とスタッツで目に見える数字で活躍しました。それ以上に、他の日本人選手の数字で見えない、あるいは目に見える数字以上にチームに貢献しているプレーが印象的でした。遅ればせながら少しずつ「レブナイズらしいバスケット」が見えてました。

 大坂選手の快挙を見届けることもなく、寒さと風の中、タイトなスケジュールの一日でしたが、充実した一日にできました(笑)。
2019.01.23
【本日の業務】
・・・・・・
【きのうの業務】
・手帳、帳簿、日記
・朝のルーティーン
・メルマガ発行
・家族のサポート
・鹿児島U取材
・セミナー
・県庁奄美会新年会

190122鹿児島コラム
 きのうは鹿児島Uのトレーニングマッチ(TM)。元々取材予定には入れていませんでしたが、エルゴラッソからレポートの依頼があり、観戦にでかけました。TMとはいえ、鹿児島UにとってはJ2に昇格して最初の対外試合となります。メディア取材が大勢かけつけただけでなく、平日のお昼というなかなか人の集まりにくい時間帯にも関わらず、会場に大勢の見学者がいたところに注目度の高さを感じました。

 鹿屋体大を相手に30分3本のゲームをこなしました。結果は2-4で完敗。チームが本格スタートして2週間。今はJ2での戦いに照準を合わせてフィジカルを鍛えている真っ最中であり、ベストコンディションには程遠いことは十分分かっていても「プロが大学生に負けていてはいけない」ことを監督も選手も反省する内容でした。1人1人の動きにはプロらしさを感じさせるものはあっても、選手同士の連携ができていなければ、大学生にも叶わないことをまざまざと見せつけられたゲームでした。

 昨年はエルゴラッソの鹿児島担当ということでしたが、本紙の記事依頼はなく、Jリーグ公式サイト用に展望を書いたり、試合後にマッチレポートや監督、選手コメントを書いたり、DAZN中継用に監督、選手のコメントを取ったり、DAZNプレビュー用のインタビューを取るのが主な仕事でした。J2に上がったことで今回初めて本紙にレポートとコラムを書くことになりました。

 新たな仕事が増えたことは、鹿児島UがJ2昇格したことによる「経済効果」といえます。期待に応えられるよう中身のコラムを書こうと思います。
【本日の業務】
・手帳、帳簿、日記
・朝のルーティーン
・スポかごNEWS、メルマガ発行
・家族のサポート
・オルタナで身体のケア
・自転車
・部屋の片づけ


 週に1回、草牟田にあるオルタナという整骨院に通っています。「治療する」というよりは身体の「メンテナンス」をする感覚でしょうか。

 このところは腰に張りがあることが多いです。指圧をしてもらったり、ストレッチをかけてもらったり、電気を当ててもらったり、たまには針治療を受けたりもします。この整骨院を重宝しているのは、痛みの原因を指摘し、改善方法まで教えてもらえるところです。

 腰に痛みがある場合でも、その原因は足の方にあったり、骨盤の動きの悪さにある場合が多いです。今回は腰の右側の痛みが強いです。診てくれた先生によると、右の骨盤の位置や動きが悪く、動きの悪さを左でカバーしながら走っているのでそのストレスが痛みとなって出ているといいます。痛みを緩和してもらった上で、動きを改善するためのエクササイズを教わりました。

 思い返せば、私がオルタナを知ったのは15年前のことです。その頃、確か野球の練習をしていて腰が痛くなっていたのを、創設者の古田先生に診てもらいました。骨盤が前弯しており、その負荷が背中にかかっていることからくる腰痛だと指摘されました。これまでも整骨院や民間の整体に行くことはありましたが、痛みをとってもらえばそれで終わりでした。症状が改善されても根本の原因を改善しなければ、痛みを繰り返すだけです。その時、骨盤をしっかり後傾させるためのエクササイズを教わりました。今でも朝のルーティーンでやるストレッチの中に組み込んでいます。

 今では少々腰に張りがあるぐらいなら自分でストレッチをして日常生活に支障がない程度には回復できるようになりました。それでもこの整骨院に定期的に通うのは、自分の身体を知り、よりパフォーマンスを高め、前向きに物事を進めていく上で力になる場所だからです。

 きのう診てくれたのは創設者・古田先生の息子さんです。15年前はまだ小学校に入ったばかりぐらいの年齢だった子に診てもらえるようになったことに、15年という年月の長さを感じました。月日が経っていろんなことが進化しつつ、基本にあることは不変であることも学んだ貴重な体験でした。
【本日の業務】
・手帳、帳簿、日記
・朝のルーティーン
・スポかごNEWS、メルマガ発行
・家族のサポート
・エルゴラ名鑑原稿
・レブナイズ取材、原稿


190120レブナイズ20
 3連勝。なかなか良い響きです。泥沼のような連敗が続いていただけに、うれしさが増します。前日よりもさらに内容が磨かれて良い勝ち方ができていたところにチームの成長を感じました。

 前半を終えて50-29。ダブルスコアに近い差をつけました。これが逆のスコアだったら、後半レブナイズの逆転はかなり厳しく、負けゲームの中に何を見つけようかという視点で見ているような気がします。21点差をつけていましたが、まだまだ安心できないと思っていました。案の定、第3クオーターは点の取り合いになり、21点差が12点差まで縮まりました。これが10点差になり、1桁の点差までなるようなら相手も息を吹き返し、ひっくり返されることもあるかもしれません。仮に勝っても後味の悪い終わり方になったでしょう。

 しかし第3クオーターの終盤、自分たちで悪い流れを断ち切り、第4クオーターでもう一度突き放すことができました。記事にも書いたように選手1人1人が自分たちの役割をしっかり果たして、レブナイズらしいチームバスケットができていました。これからもまだまだ厳しい戦いは続きますが、現状に満足することなくさらに高いレベルを目指して欲しいです。

 試合後、場内MCをしている岡田さんの誕生日ということで、チームからサプライズの花束贈呈がありました。確か2年前、B2の時にも誕生日を祝うサプライズがありました。あの時は負けが続いていましたが、きょうは勝利で祝うことができました。いつも会場を盛り上げ、何より観戦に来てくれた人たちにバスケットやレブナイズの魅力、観戦の楽しさを伝えようと頑張っています。まだまだB1トップクラスの盛り上がりには遠く及びませんが、距離の近い地域密着のチームだからこそできる心意気と演出に心打たれた瞬間でした。
【本日の業務】
・手帳、帳簿、日記
・朝のルーティーン
・スポかごNEWS、メルマガ発行
・家族のサポート
・この人に会いたい原稿
・エルゴラッソ原稿
・自転車
・SCC
・レブナイズ取材、原稿


190119レブナイズ05
 菜の花マラソンで前節の鹿児島アリーナ今季初勝利に立ち会うことはできませんでしたが、1週遅れてようやくレブナイズの勝利ゲームに立ち会うことができました。9月末に開幕してから約4カ月。待ちに待った勝利でした。これまで長いことレブナイズを応援していて、7勝53敗と全く勝てなかった2年前のB2の時でさえ、年内に2度勝ちゲームに立ち会っていました。年内に一度も勝利ゲームに立ち会えなかったのはおそらく初めてではないでしょうか。それだけに喜びもひとしおでした。

 菜の花明けの練習再開でSCCの練習に行きました。疲労抜きのLSDでしたが、やはりまだ身体が重くスムーズに走れません。ひと汗かいたところで切り上げて鹿児島アリーナに向かいました。昨年末からアリーナでも1階席で飲酒できるようになったので、ぜひ1度は試してみたくて焼酎を買いました。試合前のアップの時間帯でしたが、天一のから揚げとフライドポテトをつまみに、バスケットを楽しむ雰囲気を味わいました。

 レブナイズの会場でお酒を飲むのは、何年か前、県体育館が解禁になったときに試したことがあります。この時は負け試合でした。きのうも立ち上がりリズム良く戦えていたのに、途中からおかしくなって逆転されたときは、飲んだことを後悔しました。それでも後半、しっかり立て直して気持ち良く勝ち切ってくれたので一安心でした。やはり祝いは「前」にするものでなく、確定してから後の方がスッキリします。いつの日か、「仕事」でなく「観客」として心置きなく観戦できるようになるまで、会場での飲酒は封印しようと思います。
【きのうの業務】
・家族のサポート
・自転車
・焼酎鑑評会取材、原稿
・あの人に会いたい取材


 この4日間は新人バスケット、エルゴラッソ選手名鑑、「夢念夢想」や「あの人に会いたい」の取材などエネルギーのいる仕事があった上に、フルマラソンを走った反動で心がエネルギー切れを起こしたかのように朝目覚めてもいつもやっているルーティーンをやるモチベーションが上がりませんでした(反省)。今朝はようやく素振り、ストレッチ、体幹トレーニング、手帳、スクラップなどを「朝のルーティーン活動」を決めていることをきっちりやり、今まで通りの生活のリズムに戻りました。

 火曜日の県高校新人バスケット。優勝は男子・鹿児島工、女子・鹿児島女でした。男子は17年4月の南九州4県予選以降、7大会連続で川内がとっています。今年も川内が優位かと思っていましたが、鹿工が冷静な試合運びで相手のウイークポイントを突き、自身のストロングポイントを発揮して6年ぶりの優勝でした。女子は中学時代、無配を誇ったれいめいと鹿女子の頂上対決でしたが、鹿女子が走り勝ちました。高さがない分、走りとシュート力、何よりミスがあっても引きずらずに次のプレーに集中する切り替えの速さで終始優位に試合を進めていました。今年はインターハイイヤーということで、SS席が設けられ高校生がスタッツをつける取り組みも記事で紹介しました。

 水曜日は「夢念夢想」、金曜日は「あの人に会いたい」の取材。どちらも弊社の協賛活動にリンクしています。私の持っている能力は人の話に耳を傾けストーリーを作ること、写真を撮ること、詰まるところはこの2つです。この2つの能力をどう世のため、人のために役立て、社会に貢献する活動にしていくか。その意味でこの2つの活動は今後弊社の収益を考えていく上でも大きな柱になっていきそうな手ごたえを感じました。

 人の話にじっくりと耳を傾けていると、刺激に富んだ実に多種多様な経験を皆さんが積んでいるのが分かります。例えば水曜日にお話を伺ったのは老舗のクリーニング業界の方でした。安価で大量生産、大量販売が主流になりつつあるアパレル業界が実は環境破壊につながっているという指摘や、損得抜きで応援し、応援される関係が地域社会の良いところである話など目から鱗でした。きのうはPL学園出身の若い野球人からPL野球の神髄を聞くことができました。これらをキチンとストーリー立てて文章化し、世に伝えるのが私の仕事です。かなりエネルギーが要る作業ですが、間違いなく私自身の成長につながる修行と思って真剣に取り組んでいこうと思います。
2019.01.12
【本日の業務】
・・・・・・・・
【きのうの業務】
・手帳、帳簿、日記
・朝のルーティーン
・スポかごNEWS、メルマガ発行
・家族のサポート
・レブナイズ原稿
・現場から取材、原稿
・ランニング
・十三会例会


 きのうでメールの問題が解決し、ようやくメルマガが再開できました。お待たせいたしました。これでようやく新しいパソコンの能力を引き出し、思う存分力を発揮できる環境が整いました。

 前のPCからメールの機能も移設できていたのですが、なぜか肝心のアドレス帳だけが移設できませんでした。結局のところ、1つ1つ登録しなおすしかないと分かりました。前のPCには何百件かのアドレスが登録されています。これを全部移すのは骨が折れます。まずは協賛会員のアドレスからということで、送信記録から以前送信したメールを開き、1つずつ登録しなおしていきました。

 65件のアドレスがありました。いわばこの1つ1つがNPO法人スポーツかごしま新聞社を支えてくださる「読者」です。感謝の気持ちを込めながら1人1人のお名前を打ち込んでいきました。アナログな作業は時間と労力がかかりますが、大事なことを気づかせてくれる最高の時間になりました。
2019.01.07
【本日の業務】
・・・・・・・・
2019.01.06 面目躍如
【本日の業務】
・手帳、帳簿、日記
・朝のルーティーン
・スポかごNEWS、メルマガ発行
・家族のサポート
・レブナイズ原稿
・ランニング


 月初めには毎回、妻の県外出張があります。その間は私が両方の実家に協力してもらって子供たちをみています。いつもは城山の実家に3人でお世話になりますが、土曜の夜は永吉の自宅で過ごしました。普段、夜寝るときは2人とも母親の取り合いになりますが、この時ばかりは父親の面目躍如です!(笑) 右腕で息子、左腕で娘に触れながら川の字になって寝ていると、何ともいえない幸福感があります。

 きのうの朝は私が朝のルーティーン活動をしている最中に子供たちが寝てくれていたので、必要な作業を済ませることができました。朝ごはんは前夜に義母が焼き飯と卵焼きを用意してくれていたので助かりました。午前中は自宅で過ごし、昼前に城山に移動。子供たちがお昼寝してから再び永吉に戻り、仕事にかかりました。

 夕方、菜の花マラソン1週間前ということで近所を約10キロ走りました。甲突川沿いから小野方面を走るコースはとても静かで、程よくアップダウンもあり、走りやすいです。お気に入りのコースになりそうです。練習量はまだまだ足りていませんが、あと1週間、できる準備を万全にして本番に臨みたいです。
【本日の業務】
・手帳、帳簿、日記
・朝のルーティーン
・スポかごNEWS、メルマガ発行
・家族のサポート
・動画編集
・PC購入
・レブナイズ原稿


190106新機器導入
 一念発起し、エディオンに行ってスマホを機種変更し、新しいノートパソコンを購入しました。スマホはiPhone6sからiPhoneⅩRへ。元々予定していなかった想定外の出費に気持ちが滅入っていましたが、発想を変えれば新しい機器を使いこなせるようになれば、今までできなかったことができるようになったり、時間のかかっていたことが短縮できて作業効率が上がることなどを想像すると、ようやくワクワクする気持ちになれました。出費は収益を上げるモチベーションになります。

 スマホにしても、PCにしても、日頃使い慣れ、不具合が生じると一気に日常生活に支障をきたすものであるにも関わらず、根本のところが分かっていない隔靴掻痒感があります。スマホであれば通話、メール、ライン、Facebook、ネット検索、PCは原稿や写真の処理、ネット閲覧、筆ぐるめによる郵送物の処理などが主な使用目的です。自分が日頃使うことに関してはある程度理解はしているのでしょうが、きっと今まで使っていたスマホもPCも、持っている能力の1割ぐらいしか使っていないくて、8、9割近い能力が眠っているのではないかと思ってしまいます。アカウント、プラウザ、アプリ、CPU、ハードディスク…様々な専門用語も本当の意味をちゃんと理解して使っているのか怪しいところです。何が分かっていなくて、何を分かるように、できるようになりたいかをうまく語れないもどかしさをいつも感じます。

 家電芸人やiPhone使いこなせている芸人がうらやましいです(笑)。今回の出来事はそういったことが少しでもできるようになるきっかけにしたいものです。
【きのうの業務】
・手帳、帳簿、日記
・朝のルーティーン
・スポかごNEWS、メルマガ発行
・家族のサポート
・オルタナ
・PC、iPhoneの点検
・年始挨拶


 きのうはオルタナで年末年始の体の疲れをリフレッシュした後、エディオンへノートパソコンと携帯電話の相談に行きました。携帯は店内のショップで購入したものでしたが、事情を説明するなり、「バッテリーに関することはアップルのショップに行ってください」とのことで、予定を変更しオプシアミスミのショップに持ち込みました。

 充電器接続のコネクターにゴミが入っていてうまくつなげなくなっているということで、掃除してもらって解決したかと思いましたが、バッテリー自体も劣化が進んでいるようで、買い替えを勧められました。

 再びエディオンに戻り、問題のPCを診てもらうとこちらもハードディスク内のあちこちで不具合が発生しているといいます。11年6月に購入したもので8年近くが経過しメーカーのサポート体制も終了しているのでこちらも買い替えた方が良さそうです。専門の係員さんがPCからハードディスクを取り出し、特別な機材を手際よく使いながら処理しているのを見ると、自分では全く苦手な分野なので思わず見とれてしまいます。「相棒」で鑑識の米沢さんがこういうのを得意としていました。息子のおもちゃに不具合が生じたとき、ドライバーのセットを取り出して僕が処理しているのを興味津々で見続けている息子を思い出しました(笑)。

 PCも携帯も買い替えること自体はお金の問題だけなので、仕事を頑張ればいい。その仕事を充実させるためには、この7年半使い続けたPCに蓄積されているあらゆるデータや画像、メールなどを保存しておく必要があり、これらをどうやってスムーズに新しいPCやハードディスクに移設できるかが頭の痛いところです。くよくよしても仕方がないので、心機一転、今まで苦手だったことを克服し新しいアイテムを使いこなして、より質の高い仕事ができるようになる姿を想像し、未来への投資をしようと思います。
【3日の業務】
・手帳、帳簿、日記
・朝のルーティーン
・スポかごNEWS、メルマガ発行
・家族のサポート
・自転車
・OB戦


 年明けからノートパソコンの調子がおかしくなり、起動は遅くなるわ、アプリが開かなくなるわ、突然シャットダウンするわ、散々な状態です。持っているiPhoneは電池の減りが異常に早くなりました。どちらも当たり前に使えないと、日常生活の様々な面で支障が出てきます。年明け早々、頭の痛い話ですが、こういったこともあることを常日頃から想定し準備しておく大切さを痛感しましました。PCに関しては夕方予備で持っているタブレットを代用し、早急に修理、買い替えの検討をしなければなりません。

 おとおいは毎年恒例の母校の野球部OB戦でした。PCのトラブルで朝から予定が狂い、試合に向けての心身の準備も万全でないままグラウンドに足を運びました。気持ちを野球に切り替えるのが難しい状況でしたが、絶好の野球日和の晴天にエネルギー溢れる野球部の仲間たちの中にいるといつの間にか、野球モードになっていました。

 試合は20代のヤングOBと30歳以上のスーパーOBの対決。いつの間にか出場メンバー中上から2番目の高齢者となっていました。五回裏の守備から出場し、3打席立って四球、センターフライ、三振でした。センターフライと、三振の場面を保護者会長の櫻木さんが動画で撮ってくれていました。三振の場面は最終回二死、2点差を追いかける絶好の場面でした。良い感じでボールを見て、変化球にも対応できましたが、最後の1球は打ち気が勝ってボールを見極めきれませんでした(悔)。

 これまでは夕方別会場で懇親会でしたが、近年参加者が少なくなったということで、試合終了後に近くの自彊学舎に移動し、そのまま懇親会になりました。大学生から大ベテランの先輩まで、いろんな近況を聞いていると、自分も頑張ろうとエネルギーをもらうことができました。
2019.01.02
【本日の業務】
・・・・・・・・
【本日の業務】
・手帳、帳簿、日記
・朝のルーティーン
・スポかごNEWS、メルマガ発行
・ランニング
・家族のサポート
・年始の挨拶


190101初日の出
 2019年の年明けは、あいにくの曇り空でしたが、いつもやっている朝のルーティーンに加えて、年明け恒例の「走り初め」を兼ねた初ランに出かけました。

 照国神社から城山の遊歩道を登って、城山展望台へ。時間は朝の7時半から8時ぐらいの間で、天気が良ければ初日の出を拝むスポットとして人がごった返しているところですが、曇り空ということで人影もまばらでした。それでも私が展望台に到着し、桜島に向かって新年の祈りを捧げていると、雲の合間から光が差し、「ご来光」を拝むことができました。

 お墓参り、護国神社、鹿児島神社を回って、「家内安全」「商売繁盛」「世界平和」を祈って帰宅。10キロほどのランでした。年末、いろいろあって走り込めなかった分を少し取り戻しました。お昼前に城山の実家へ行き年始の挨拶。甥っ子の小学3年生の遥翔君がとっても上手なマジックを披露してくれて驚きました。近所の公園で遥翔君、光翔君、純大、こころとサッカーボールで遊びました。夜は「格付け」と「相棒スペシャル」を堪能しました。

 正月の過ごし方としてはほぼ例年通りでした。毎朝届くある方からのラインに「新年ではなく新日」というのがツボでした。新年を迎えて、前年を振り返り、新たな誓いを立てるのは大切なことです。できればこれを年に1回の正月に思い描くだけでなく毎日、毎朝を新たな気持ちで迎え、日々自分の夢や目標、ワクワクすることを確認し、前進していく。こんな日々でありたいものです。