FC2ブログ
【本日の業務】
・手帳、帳簿、日記
・朝のルーティーン
・スポかごNEWS、メルマガ発行
・家族のサポート
・歯の治療
・自転車
・十三会役員会


 先週から歯の治療に通っています。この数カ月気になるところがありながらほったらかしていたので、意を決して歯科医の門を叩いたら、案の定、虫歯になっていたり、以前治療した右下の奥歯が詰め物の下の方が虫歯になっていたりと、なんだかんだでこれからしばらく通院することになりそうです(涙)。

 きょうは右下の奥歯の治療でした。相当ひどくなっていたらしく、初めて神経を抜くという体験もありました。治療している間はずっと口を開けていなければなりません。トータルで2時間ほどいましたが、そのうち1時間以上は口を開けっ放しにしていたように思います。

 キューンというあの独特の機械音はそれだけで気持ちが滅入ります。麻酔もしているし、実際に痛むことはほとんどありませんが、心理的に心地良いものではありません。今、2歳の息子を毎日歯磨きしています。ブラシを当てるだけでも嫌がって泣き出す息子もいずれは歯医者にお世話になる時があると思います。そのときどんな反応を示すかと思うと、心配の種はつきません。

 いつ終わるともしれぬ治療中、僕にできるのは横になって言われるがままに口を開けたり閉じたりするだけです。使えるのは頭だけなのでいろんなことを考えました。目を閉じているので自分の歯に何を使ってどのような処置をしているか、確かめることはできませんが、いろんな機械や器具が使われているのは分かります。虫歯の部分だけをできるだけ痛みがないように削ったり、口にたまった唾液を吸い出したり、チェックのための鏡などこの治療をできるだけ効率良く、効果的にするための英知がここに凝縮されているに違いありません。もちろん、それらを使いこなす歯医者さんの技術や経験、知識が必要なはいうまでもありません。

 発想を変えれば、ただ横になって口を開けたり閉じたりしているだけで、歯の治療ができるなんてこんなありがたい話はありません。それも殿様や王侯貴族、金持ちでもない一般庶民が僕が受けられている意味を考えました。それが可能なのは何を置いても国民皆保険制度のおかげです。それがなければ1回の診療で今回の数倍の料金を払わなければならず、必要と分かっていても二の足を踏むかもしれません。そういう医療制度や社会の仕組みを作り育ててきた先人の知恵と努力に感謝する崇高な気持ちで最後は過ごすことができました。

 今、こういった医療サービスが受けられていますが、これがベストというわけではないだろうし、超高齢化社会を迎え、国民皆保険制度が今後も維持される保証はどこにもありません。これからの世の中がどうなっていくか、難しい課題ですがこれからを生きる人たちのためにも、今を生きる私たちは考え続ける義務があると思いました。
スポンサーサイト



【本日の業務】
・手帳、帳簿、日記
・朝のルーティーン
・スポかごNEWS、メルマガ発行
・家族のサポート
・女子駅伝取材、原稿
・レブナイズ原稿


180128女子駅伝00_025
 土曜日とはまた逆に終日、曇り空、小雨模様の中でのレースでした。寒さが厳しく、雪になるかもという予報も出ていたので、防寒対策をして出かけましたが、そこまでの寒さは感じず、手袋をしていなくても写真のシャッターが切れたので助かりました。

 金曜日は極寒、土曜日は晴天…日曜日は雨、周囲の季候、環境に随分人間の心は左右されるものだと気づかされます。土曜日は外にいるのが気持ち良いと感じられたのは、金曜日の極寒を経験していたからです。先々週の温かさの続きだったら、土曜日の温かさにありがたみや幸せを感じることはなかったでしょう。むしろ朝方の寒さを辛いと感じたかもしれません。

 人間の感じ方は相対的なものです。だとすれば発想を変えて、周りの環境に一喜一憂することなく、自分の感じ方を変えてみるのが賢い生き方のように思います。

 土曜日の温かさを基準に考えれば、きのうは雨で寒くて辛いと考えるか、寒さや雨の予報が出ていたので対策を考えて、そこまで寒くなくて雨も大したことなかったから良かったと考えるか、その違いは案外大きいものだとこの3日間の体験で実感できました。
【本日の業務】
・スポかごNEWS、メルマガ発行
・広告作成
・手帳、帳簿、日記
・朝のルーティーン
・家族のサポート
・ランニング
・サッカー取材、原稿
・駅伝取材、原稿


180127新人サッカー01_025
 金曜日とは打って変わって晴天に恵まれ、外に出るのが気持ち良く感じられました。金曜日は終始風を受けながら写真を撮っていたので、手袋が外せず、ペンを持ってメモを取ることもできませんでしたが、きのうは試合中手袋もいらず、穏やかな気持ちで観戦できました(笑)。

 新人サッカーの決勝戦は神村学園が勝利して新人戦3連覇でした。正月の選手権が終わって3週間あまりしか、準備期間はありませんでしたが、選手権に出たことが1、2年生にも自信になり一回りたくましくなったようです。
【きのうの業務】
・手帳、帳簿、日記
・朝のルーティーン
・メルマガ発行
・家族のサポート
・自転車
・高校サッカー取材、原稿
・NPO法人の準備


180126新人サッカー03_025
 きのうの県高校新人サッカー準決勝の記事です。
http://spokago.blog68.fc2.com/blog-entry-2495.html

 準決勝2試合は、寒風吹きすさぶ極寒の中での開催でした。常に北から南に向かって強い風が吹き、両チームとも追い風、向かい風、前後半でどちらかを体験する厳しいゲームでした。

 2試合目の鹿児島VS松陽戦はそんな風向きがはっきりと両チームの勢いに出ました。追い風に乗って前半は鹿児島が、後半は松陽が攻勢でした。そんな中、立ち上がりのワンチャンスをものにして先制し、後半の劣勢をしのいでやはりワンチャンスで追加点を入れた鹿児島が初の決勝進出を果たしました。

 ここ数年で着実に力をつけ、4強の常連になりつつあった中、もう一つ上の決勝の舞台に立ち、九州大会に出場することはチームにとって今後につながる経験となることでしょう。

 1試合目の神村学園VS鹿児島実はどんな展開になるか興味深かったですが、神村の一方的な展開でした。


2018.01.22
【本日の業務】
・・・・・・・
2018.01.21 寝起きは二重
【本日の業務】
・手帳、帳簿、日記
・朝のルーティーン
・スポかごNEWS、メルマガ発行
・ダイジェスト原稿
・家族のサポート
・レブナイズ取材、原稿
・自転車


180121寝起きは二重
 娘は寝起きだときれいな二重になります。

180121レブナイズ01_025
 レブナイズ、残念ながら土日連敗となってしまいました。土曜日より点差は1点開きましたが、きのうの試合の方が見ごたえはありました。

 第1クオーターで10点差つけられ、その後何度か盛り返しかけてもリバウンドが取れなかったり、ミスがあったりで流れに乗れず、終盤まで我慢の展開が続く。試合終了まで残り2分ぐらいでようやく、1桁台の点差に追い上げ、一気にひっくり返せそうな雰囲気は作りましたが、鹿児島出身、元レノヴァの鮫島選手の3ポイントでやられ、残り1分間は何もできないまま終わった試合でした。

 記事でも触れましたが、それぞれに良いものは持っていますが、まだチームとしてガッチリまとまって化学反応を起こして成長するところまでいってない感じがします。なるたけ早くそういうチームになることを期待したいところです。
【本日の業務】
・手帳、帳簿、日記
・朝のルーティーン
・写真作成
・出水体操クラブ取材、写真撮影
・SCC
・レブナイズ取材、原稿


180120レブナイズ03_025

 2週間ぶりにレブナイズの試合を取材。負けたけど、内容的にはそれなりに見応えはありました。

 出足は大塚商会がリズムをつかみ、レブナイズが盛り返し、お互い相手にうまく対応しながらいろんな「引き出し」をぶつけ合っていた部分が特に前半は多かったように思います。

 レブナイズの敗因としてはこの「引き出し」不足が挙げられると思います。後半、レブナイズはCOやDJのインサイドの部分を徹底的につぶされ、リズムに乗れませんでした。相手は2m超の外国籍選手が複数いる利点を最大限に発揮し、まずはこちらの持ち味を消しました。レブナイズも最後まで食らいつきはしましたが、最後は爆発的に3ポイントが当たって第4クオーターだけで5本も沈めたニクソンにやられて11点差がつきました。

 第1クオーターで山田が2本、インサイドに2つのパスを通して、高比良、中園がノーマークでシュートを決めたシーンがありました。こういったプレーはレブナイズの伝統的なチームプレーです。苦しい時こそ、チームが団結し、いろんな化学反応を起こすようなシーンが数多くみられるようになることが勝利への道だと思いました。

 試合後、この日が誕生日だったMC2人にチームからサプライズのプレゼント。敗戦で悔しい気持ちも流してくれたさわやかなシーンでした。
【本日の業務】
・手帳、帳簿、日記
・朝のルーティーン
・スポかごNEWS、メルマガ発行
・焼酎鑑評会取材、原稿
・家族のサポート


180118焼酎鑑評会01_025
 毎年この時期にその前年の酒造年度にできた本格焼酎の出来を評価する鑑評会があります。朝早い時間に始まり、焼酎の香りが漂う中での取材は朝から飲みたくなる気分になります。(笑)

 焼酎の出来自体は極端に良くなったり、悪くなったりすることもなく、例年通り品質が高いと評されるのが一般的です。その後に酒造組合の専務理事さんから業界全体の動向について話を聞くのが興味深いです。

 焼酎の出荷量は宮崎が3年連続全国1位で、鹿児島はその後塵を拝しています。その差も少しずつ開いている状態です。焼酎全体の消費量はほぼ横ばいの中、鹿児島を含むその他の県が減った分、宮崎が伸びているという現状です。

 パイの奪い合いが続く中、全国で焼酎を飲む人の需要を開拓する必要性があります。一頃の「焼酎ブーム」で焼酎も全国的にメジャーな印象がありますが、首都圏以北ではまだまだ未開拓の部分も大きいそうです。資料を見せてもらいましたが、関東以北では芋などの乙類よりも未だ酎ハイなどで使われる甲類の市場が大きく、そこにどう打って出るかが今後のカギといえそうです。

 明治維新150年、大河ドラマ、奄美の世界自然遺産登録、2020年の鹿児島国体…いろんなところで「この追い風を利用しない手はない」と言われますが、焼酎業界も同じです。誰もが「追い風」に乗りたい気持ちはよく分かりますが、肝心なのはそれを具体的にどう実現するか、「追い風」が止んでもゆるぎないものをどう築いていくのか、長期的なビジョンを持つことが何より大切だと感じました。
2018.01.17 緊急事態
【本日の業務】
・手帳、帳簿、日記
・朝のルーティーン
・家族のサポート
・スポかごNEWS、メルマガ発行
・鹿児島U、初練習取材、原稿
・エルゴラッソ原稿


180117鹿児島U初練習01_025
 週明けの鹿児島U新入団選手会見に始まって、おとといの新人バスケット、きのうの初練習、その合間に県庁で奄美関連の取材、依頼原稿の処理と今週に入ってから、立て続けに仕事のスケジュールがタイトになってきました。

 きのうは午前中は雨の予報も出ていましたが、雨も上がり4月並みの暖かさの中での初練習でした。いよいよ新しいシーズンが始まると身の締まる思いがしました。帰り際に三浦監督から握手を求められ「今年もよろしく!」と声を掛けられたのは嬉しい出来事でした。

 ただ今、我が家は緊急事態に陥っています。先週土曜日に息子が熱発したのを皮切りに、その看病をしていたお義母さんがインフルエンザにかかり、きのうは嫁さんもインフルエンザ、息子は回復しましたが未だ本調子でなく、娘も時折鼻をぐずらせる状態で、元気なのは私1人ということになっています。

 おとといから僕と息子は城山の実家に「避難」し、きのうからは娘も加わりました。鹿児島県全体でもインフルエンザの多発警報が出ているとか。皆様も体調管理にはくれぐれもお気を付けください。
【本日の業務】
・手帳、帳簿、日記
・朝のルーティーン
・スポかごNEWS、メルマガ発行
・県庁取材、原稿
・新人バスケット取材
・自転車
・エルゴラッソ原稿
・家族のサポート


180116新人バスケ01_035
 今年の高校バスケットの「開幕戦」。男子は川内、女子は鹿児島純心、ともに2位以下を大きく引き離しての優勝でした。

 中でも川内の力強さが際立ちました。ウインターカップでは初戦敗退でしたが、チームの底上げができ、守りに入らずアグレッシブなバスケットが印象的でした。女子の鹿児島純心はこの2年間、肝心な時に主力選手が故障し、ベストメンバーが組めずに不本意な結果に終わっていましたが、その悔しさをまずは新人戦で晴らしました。

 今年の鹿児島の高校バスケットは男子・川内、女子・鹿純心という大きな柱に対して、その他のチームがその差をどう詰めていくか、一つの見どころになりそうです。
【きのうの業務】
・朝のルーティーン
・家族のサポート
・オルタナ
・スポかごNEWS、メルマガ発行
・鹿児島U取材、原稿
・十三会総会


180115鹿児島U新入団01_025
 菜の花マラソンが終わってから、ようやく新しい1年の仕事が始まったような感覚です。

 毎年のことですが、今年は第2日曜日が14日と遅かった分、半月近く正月気分のままの落ち着かない感じが続きましたが、きのう鹿児島Uの新入団選手会見に参加して、いよいよ新しい1年が始まると身の引き締まる思いがしました。これまで半月、のんびりしていた分、今週からはスケジュールが急にタイトになってきました。
【14日の業務】
・手帳、帳簿、日記
・朝のルーティーン
・菜の花マラソン


 15回目の菜の花マラソンでした。3時間55分4秒と辛うじてサブ4は達成しましたが、不本意な結果でした。詳細は久々に「ランニング日誌」に書いてみようと思います。

 例年以上に走り込めていませんでしたが、毎朝、腹筋などの体幹トレーニング、ストレッチを約8カ月、続けたり、通勤に自転車を活用したり、野球の試合の合間に走ったりしてSCCの練習に行けないのを補っていたので、それなりにやれるのではないかと思っていました。実際、中間点は1時間40分と特別良いわけではありませんが、速すぎず遅すぎず、予定通りの走りができました。

 しかし、中間点を過ぎてからガクッとペースが落ちました。単純計算すると後半だけで2時間15分もかかっています。「身体を動かす」習慣はできていますが、考えてみれば12月の練習で15キロ以上距離を走った練習がありませんでした。足のスタミナが足りていないことを痛感させられました。

 タイムは不本意でしたが、走り方はそれなりに積み上げてきたこと、意識して取り組んでいることが出た手応えもあります。あとは鹿児島までに距離を踏む練習をして、きのうのリベンジをしたいと思います。
2018.01.13
【本日の業務】
・・・・・・
2018.01.13 今年の菜の花
【きのうの業務】
・手帳、帳簿、日記
・朝ジョッグ
・朝のルーティーン
・家族のサポート
・鹿児島Uチーム紹介原稿
・十三会事務作業
・SCC


 菜の花マラソンまであと2日。久々にSCCの練習に参加して最終調整をしました。

 走り込みの絶対量が不足しているのでモチベーションが上がらず、悩みの種でしたが、1度だけでも練習に参加したことで気持ちが落ち着きました。

 走り込めてはいませんが、5月半ばから毎朝、コアトレ、ストレッチ、素振りとコンディショニングを習慣づけてきました。通勤の往復に自転車を活用したり、純大を背負ってウオーキングしたり、野球期間中に球場周辺を走ったりと、自分なりにできる範囲で練習に行けない時間を補いました。股関節周りの動きが良くなり動きの質自体は上がっている手応えがあります。

 サブスリーは難しいですが、サブ3・5を目標に最高自己ベスト更新を目指して頑張ろうと思います。
【本日の業務】
・手帳、帳簿、日記
・朝のルーティーン
・スポかごNEWS、メルマガ発行
・家族のサポート
・鹿児島Uチーム紹介原稿
・レブナイズ本原稿


 今年に入ってありがたいことに、鹿児島ユナイテッドFCがらみで新しい仕事が入りました。

 ひとつはサッカー専門紙「エルゴラッソ」からの依頼。「エルゴラ」については数年前、設立者の山田泰氏が書いた「最後の新聞」(ワニブックス新書)という本を読んでおり、その活動に注目していました。鹿児島Uを前任で担当していたAさんが、自分の本業が忙しくなったということで、後任に白羽の矢を立てていただきました。

 早速第1号の依頼で、今年のチーム紹介を書くことになりました。チームとしての紹介文だけでなく、選手個人の紹介やキャッチフレーズ、一口メモといった細かい情報まで、さすが専門誌らしい内容が求められています。未だチーム全選手の陣容もそろわず、15日に新体制発表があって17日が締め切りというなかなかタイトなスケジュールですが、期待に応えられる仕事をして継続できるようにしたいです。

 もうひとつは全く別ルートでJリーグオフィシャルカメラの鹿児島U担当をすることになりました。サンプルとして何枚か写真が送られてきましたが、今まで私が撮ったことのないような写真もあり、これからカメラや写真についていろいろと新たに勉強しないといけないようです。

 ありがたいことにライターとカメラ、両方で鹿児島U絡みの仕事ができました。今までは試合中に鹿児島Uのゴールの瞬間を中心に写真を撮り、試合後の会見を聞いて、選手に取材して奄美新聞及び「スポかごNEWS」に記事をアップするだけで済みましたが、今季はこれにエルゴラ用の原稿とオフィシャル用の写真を送らないといけません。

 これまで以上に試合当日のスケジュールがタイトになってきますが、しっかりこなすことができれば試合があるごとに確実な収入があることになります。これも鹿児島にJリーグというプロスポーツができたことによる「経済効果」であると期せずして実感することになりました。
【本日の業務】
・手帳、帳簿、日記
・朝のルーティーン
・家族のサポート
・買い物
・オルタナ
・育児日記原稿


 年末年始は、これまで以上に家族と過ごす時間が多く、折々の出来事をまとめると同時に2歳を迎えてとうとうやってきた純大の「魔の二歳児」についてまとめてみました。

 今までどちらかといえば手がかからない方だった純大が2歳の誕生日前後を境に、いろいろと手を焼かせるようになりました。思い通りにいかない子供とどう根気強く向き合っていくか。まさしくこの日記のタイトル通り、育児は「育自」で親の度量と成長が試させるようになったことを自覚しました。
2018.01.08 魔の二歳児
【本日の業務】
・手帳、帳簿、日記
・朝のルーティーン
・スポかごNEWS、メルマガ発行
・家族のサポート
・事務作業
・レブナイズ本原稿


 嫁さんとこころを仕事場に送り届けた後、純大と2人で留守番をしていたら、純大が「母ちゃん」を求めて大泣き。その対処に悪戦苦闘しました。これがいわゆる「魔の二歳児」というやつです。良い育児日記のネタができました。
【本日の業務】
・手帳、帳簿、日記
・朝のルーティーン
・スポかごNEWS、メルマガ発行
・家族のサポート
・ランニング
・レブナイズ取材、原稿


180107レブナイズ19_025
 娘を実家の両親に面倒を見てもらって、午後は指宿までレブナイズの試合を取材に行きました。

 土日の2試合は、リニューアルした指宿市総合体育館のこけら落としということでしたが、照明が明るくなり、とてもきれいになりました。来週は菜の花マラソンでまたここに来ますが、その前に下見ができて良かったです。

 試合は2試合とも勝利。昨年末からの連勝を4に伸ばしました。連勝できたのはこの素晴らしいアリーナを準備し、黄色い服装で会場を盛り上げてくれた指宿の人たちのおかげだと思いました。

 とはいえ、内容は満足できるものではなく、「こんな試合はお客さんに、子どもたちに見せられない」と思えるシーンもありました。

 1つ例を挙げれば前半の終わり、DJが速攻が決まらず相手と交錯して、握手を求めてきた相手の手を払った行為がテクニカルファールをとられました。COはラフプレーにイラつき、戻って守備をしなければいけないところを執拗に審判に抗議していました。

 バスケットの経験がない私にはコート上で選手たちがどんな心境だったのかは正確には分かりません。しかし観客として見ていて同情する気持ちにはなれませんでした。野球にしても、サッカーにしても、審判の判定に対する不満は、どの競技も共通しています。素人目にも首をかしげたくなるジャッジがあるのも事実です。審判技術の向上は競技レベルの向上にも欠かせない要素です。とはいえ、試合中の選手には、素早く気持ちを切り替え、次のプレーに集中する姿勢を常に忘れずにいて欲しいものです。

 人間には感情があります。納得できないことに憤ることは誰にでもあります。しかしその気持ちに流されコントロールできなかったら、結局は大局を見失い臨む結果を手にすることはできません。DJとCO、今回は2人の外国籍選手を具体的に挙げましたが、問題は彼らだけにあるのではなく、それをコントロールしきれていないチーム全体にあると考えます。

 試合後の会見でその点を尋ねると、アシスタントコーチも主将も同意見で、改善に向けて努力すると話していました。鹿児島のバスケットはそういった部分を大事にしていることだけは忘れずにいて欲しいものです。