FC2ブログ
2019.10.14
【本日の業務】
・・・・・・・
スポンサーサイト



【きのうの業務】
・スポかごNEWS、メルマガ発行
・家族のサポート
・自転車
・陸上取材、原稿
・PV
・後援会総会準備


 朝から九州高校新人陸上の取材。晴天に恵まれ、強風も、灰が舞うこともなく、3日間の中で一番良いコンディションでした。

 女子三千で国分中央の小代﨑さんが2冠達成。ライバルの神村学園・シンシアさんが出場していなかったこともありますが、何より常日頃の県大会からレベルの高いライバルたちと競り合う中で力をつけていることを感じました。

 15時から鹿児島Uと町田のアウエーゲームの予定でしたが、台風の影響で試合時間が2時間遅れました。当初は陸上競技場からの帰りにユナイテッドカフェに寄る予定でしたが、時間が空いたので一度帰宅してから陸上の記事を処理。途中レブナイズの試合経過が気になりましたが、チェックはせず、一通り仕事を片付けてからサイトをチェック。見事勝利してようやく今季初白星を挙げました。改めて得点経過を見ていると、終盤逆転を許し一進一退の攻防が続いた中、残り1秒でボイキンの3ポイントで逆転という劇的な展開でした。経過チェックをしていたら心臓に悪い展開だったので、仕事に集中して正解でした(笑)。


 この流れで鹿児島Uも勝利をと期待して、バスでユナカフェへ。久々にパブリックビューイングに行きました。連敗が続き、一戦一戦が残留に向けて落とせない戦いとなって、応援する側も気が重い日々でしたが、仕事ではなく純然たるサポーターの1人として天文館にバスでサッカーを見に行くというシチュエーションにワクワクするものを感じました。

 鹿児島Uも町田も、互いに残留に向けて勝ち点3を欲し、互いに良い時間、耐える時間を交互に繰り返しながら、最後はスコアレスドロー決着でした。勝てなかったのは悔しいけれども、1カ月以上ぶりに勝ち点を積み上げられ、何より17試合ぶりの無失点試合だったことを前向きに考えて、次の山口戦を迎えたいところです。

 帰り、夕食を買いに天文館を歩いていたら「きょうの結果はどうだったのですか?」とスーツ姿の若者から声を掛けられました。私が鹿児島UのTシャツを着ていたから結果を知っていると思ったのでしょう。些細なことですが、それだけ鹿児島Uのことを気にかけている人が増えている「J2のチームがある街」になってきたことを実感しました。この歩みを後退させないためにも、今季J2残留をまずは果たして欲しいところです。

 帰宅してからは家族とラグビーW杯の日本―スコットランド戦を観戦。今大会ようやくじっくり観戦できました。日本のラグビーもここまで進化したのかと感動しました。陸上に始まり、バスケット、サッカー、締めにラグビーと、終わってみればスポーツ観戦を満喫できた充実の日曜日となりました。
2019.09.18
【本日の業務】
・・・・・・・
【きのうの業務】
・スポかごNEWS、メルマガ発行
・朝のルーティーン
・家族のサポート
・鹿児島U取材、原稿
・陸上取材、原稿


 きのうは午前中が鹿児島Uの練習、午後は新人陸上の取材。練習取材は場合によっては選手のコメントをとるのに時間がかかって午後を大きく超えてしまうこともありますが、オフ明け最初の練習だと、スタメン出場選手は軽いジョッグ程度のリカバリーで上がるので、いつになく早く取材が終わり、正午前には鴨池に着くことができました。

 相変わらずの真夏のような暑さと連日のハードスケジュールできつさはありますが、選手、指導者、いろんな話に耳を傾けているときつさを忘れる興奮を覚えます。

 三段跳で自己ベストを1m31も更新した町田君は走高跳が「本職」で5カ月ぶりの公式戦で出した記録に自身が一番驚き、本職でもこれに負けない記録を出したいと意気込んでいました。女子走幅跳の竹元さんは中学の頃から何度か取材している選手です。記録を伸ばせずに悔しがっていましたが、踏切に手応えがあったとか。そのあたりの技術的な解説を監督さんにお願いし、また一つ陸上の奥深さを学ぶことができました。

 奄美関係では五千で優勝した徳丸君と四百Hで2位だった金沢さんを取材。レースの駆け引き、気持ちの強さなどレースの内容だけでなく、これまでのいきさつも踏まえて記事に盛り込めたのは、これまで見てきた私自身の積み上げの成果です。

 新人陸上も残すところ1日。きょうは陸上取材の後、神村学園に野球部の取材と更にエネルギーが要る一日になりそうですが、しっかり自分をコントロールしていろんなことを吸収していこうと思います。

2019.08.21
【本日の業務】